オーガニック般若の無添加大革命

10代~50代のこれからの時代を築く人たちに向けて健康・美容面で今後役立つ情報をお伝えいたします。す。

砂糖の恐怖。原材料に砂糖が入っている食べ物、飲み物を摂取している者は成敗してやる

 

お酒やたばこの過剰摂取が健康に良くないのは周知の通り。

 

では、砂糖のとりすぎはどうでしょう。

 

太りすぎることはないとしても健康には大して影響はないと思っている者は少なくないと思う。

 

残念ながらそれは大間違いだ。

 今回は、砂糖の危険性に言及する。

お菓子やパンの原材料は要チェックだ。

今後の生活に役立ててくれ。

 


こんにちは!オーガニック般若です。

 

皆さんこんな悩みありませんか。

・体重が増える

・身体がだるい、疲れやすい

 ・肩こり

・頭痛

・腰痛

・お肌が荒れやすい

・むくみ

・視力の低下

 

白い砂糖は想像以上に、美容と健康に害をもたらします

太りやすさ、肌トラブル、老化の加速、どれも砂糖が関係しています。

 

下記に様々な砂糖の影響を簡単に列挙する。参考にしてくれ。

 

血糖値が急激に上がる

砂糖をとると血糖値が急激に上がり、インスリンという物質が出やすくなります。

インシュリンが分泌されると上がった血糖値はすぐ落ち、低血糖に。

低血糖になるとまた何か食べたくなるという悪循環を生み、太りやすい身体になります。

 

むくみ

塩分を取りすぎるとむくみが起こることはよく知られているが実は砂糖も。

筋肉の内部では塩分と同じように水分を引き寄せて、むくみの原因になります。

 

シミ

最近日に焼けていないのに、シミができるという人は、砂糖のとりすぎかもしれません。

白砂糖や果糖などを慢性的に食べ過ぎると、腸内でカンジダなどの悪玉菌が増加し、結果的に炎症体質になり、皮膚においても炎症が起こります。

炎症が起こってしまうと細胞の働きを悪化させてしまいます。

すると皮膚のターンオーバーを低下させて老人性のシミや黒ずみ、くすみ、肌の乾燥などの原因になってしまうおそれも。

 

 

中毒性

怖いことに砂糖の中毒性はとても強い。

サルを用いた実験で、砂糖と麻薬の中毒性を調べたところ、砂糖のほうがずっと強かったという結果もある。

白砂糖やグラニュー糖など精製された砂糖をとり続けると、身体がどんどん甘いものを欲しくなってしまうもの。

 

まとめ

女性はホルモンの影響で、甘いものがどうしても食べたくなるものですが、我慢せず、甘いものとうまく付き合うコツを覚えましょう。

 

 

お肌でお悩みの方へ

下記のブログは参考になります。

fanblogs.jp

 

fanblogs.jp

 

 こちらの本を参考にしました。

ぜひ今後の人生を豊かさの支えになればと思います。

世界一の美女になるダイエット

世界一の美女になるダイエット